イベント情報/第8回2作品無料上映会 /伊達市室蘭市を含む西胆振のポータルサイトむしゃなび

むしゃなび
むしゃなびに参加する ツール


このはな からのイベント情報
【終了】第8回2作品無料上映会
    [544]
開催期間(開催日):2018年02月03日(終了しました)  

室工大で自主上映会「ぼくと魔法の言葉たち」「発達障害と家族支援」  
(室蘭・登別・伊達各市教育委員会 後援) 
(室工大らんらんプロジェクト採択プロジェクト)  
2018年2月3日土曜日  
室蘭工業大学 大学会館多目的ホール  
(学生食堂のある建物内)  
13:05 ぼくと魔法の言葉たち  
14:50 発達障害と家族支援  
16:00〜17:00 感想会  
 
作品紹介  
「ぼくと魔法の言葉たち」は2016年米国制作の91分。  
3歳になる前、突然言葉を発しなくなり、自閉症と診断されたオーウェン。両親は彼に合う学校を必死に探すなど、懸命にサポートを続ける。そして、彼は意外な形で言葉を取り戻す・・・。 
障害に対して、明るく前向きに立ち向かう彼と家族のドキュメンタリー。オーウェンの子供時代から青年時代までの約20年間をまとめた本作は、世界各国を温かな感動で包み込み、拍手喝采を浴びた。ディズニー全面協力によるアニメーションとともにお楽しみください。 
 
「発達障害と家族支援〜ある家族の記録〜」は2015年日本63分。 
5人家族の笹森さん一家は、父親を除いた4人が発達障害の診断を受けている。内容は3部構成であり、第1部は母親である理絵さんの幼少期から結婚までの半生や、夫や子供たちの想いが語られており、第2部は子供たちの成長の記録を中心に、兄弟であるが故の葛藤をどう乗り越えたか、大人へと向かう子供たちが描かれている。第3部は笹森さん一家が住む神戸市で発達障害がある人たちに対して、行政がどのような支援体制をとっているかを紹介する。 
発達障害を抱え、生きづらさを感じながらも前に進む家族のドキュメンタリー。 
 
・作品上映後、希望者に残ってもらい感想会を開催します。一言だけの感想でもけっこうです。短い時間ですが、思いを交流し合って、作品や障害者を取り巻く現状について一緒に考えてみましょう。 
・クラウドファンディングについても、募集中です。 
(詳しくは関連情報からお進みください。)  
 
お問合せなど  
主催:室蘭工業大学「発達障害の映画を観る会」  
0143-47-0144 eigakai@naravan.net  

【 関連情報はこちらをごらん下さい 】

※開催日や開催時間が変更となる場合や、何らかの理由でイベントが中止となる場合がございます。イベントに対するお問い合わせやご確認は、イベント主催者へ直接ご連絡をお願い致します。

室蘭市、登別市、洞爺湖町などを含めた伊達市近郊の情報なら『むしゃなび』
Copyright © 2004-2018 株式会社アップデート All rights reserved.